BLOG

UI/UX について

ウェブサイトのUI(ユーザーインターフェイス)とは

下記は、ウェブサイトの良くないとされるUIの一例になります。

  • テキストが読みにくく目的の情報が取得できない
  • コンテンツの内容と掲載画像が一致していない
  • ボタンが認識しにくく押しづらく押し間違えやすい
  • 入力フォームが使いにくくストレスを感じる

何となく「UIの良し悪し」=「印象の良し悪し」であることがイメージできると思います。

そもそも、UI(User Interface)とは「人(ユーザー)」と「製品(プロダクト)」の「接点・界面(Interface)」を意味した言葉であり、デジタル製品や画面のデザインに限らず様々な製品に対して使用されている言葉です。
接点・界面と表現するとピンと来づらいかもしれませんが、ユーザーが製品に対して「見る(読む)」「操作する」といった行動を起こしたポイントを表しています。

ウェブサイト内に良くないUI部分がある場合、ユーザーの離脱だけでなく企業の印象にも影響する可能性があるので改善が必要です。
逆に、ユーザーが直感的な操作で速やかに目的を達成できていれば良いUIとされています。

ウェブサイトのUX(ユーザーエクスペリエンス)とは

下記は、良くないとされるウェブサイトのUX事例になります。

  • ウェブサイトの表示速度が遅くスマホ対応していない
  • 製品・サービスの導入を検討するための情報が少ない
  • 見たいページまでの導線が分かりづらい
  • 退会したいのに退会方法が分かりづらい

UX(User Experience)は、製品やサービスの使用を通して得られるユーザー体験に対して使用される言葉になります。

その為、テキストや画像が分かりやすくデザインされたウェブサイトだとしても、メールフォームが使いづらい場合は良い「UX」のウェブサイトとは言えません。
また、ユーザー体験には、ウェブサイト以外も含まれる為、ECサイトを運営していれば商品の梱包方法、コーポレートサイトであれば顧客対応などもUXの評価のポイントとなります。

「UI/UX」は比較的新しい言葉になりますが、定期的に製品やサービスの品質を評価・改善する取り組みは企業にとって日常的で身近な活動だと思います。
ウェブサイトに関しては、パーツごとのデザイン調整がしやすい製品であるため、積極的に見直す機会をつくり、改善することが、ウェブサイト運営を成功させるポイントです。