blog

ドメインについて

用語紹介

ホームページを公開するためには、制作したホームページの「データ」、データを設置する「サーバー」、データの置かれたサーバーを識別する「ドメイン」が必要です。

ホームページの制作を依頼した場合、データ制作から、サーバー・ドメインの準備、公開までを制作会社で行うことが多いのですが、サーバーやドメインは、レンタルサーバーサービスやドメイン登録サービスを利用して個人でも取得することができます。

今回は「ドメイン」について紹介したいと思います。

ドメインとは

ドメインは、任意の文字列とTLD(トップレベルドメイン)で構成されています。
TLDは「.com」や「.jp」 など、比較的耳にする機会の多いものから、「.shop」や「.design」など、サイトの内容に合わせて使用したいものまで様々な種類があります。

取得サービスを利用する場合、取得費用と使用する期間により更新費用が発生し、各費用は、TLDの種類により変動します。
取得したドメインは、世界に1つしか存在しないことから「独自ドメイン」とも呼ばれています。
そのため、欲しいドメインがあっても既に取得されている場合は使用することができません。

希望するドメイン名の取得状況や空きドメインの確認は、ドメイン検索サービスで行えます。
XserverDomain 空きドメイン検索
お名前.com 空きドメイン検索
ValueDomain 空きドメイン検索

ドメインとは

コンピューターやサーバーには、IPアドレスと呼ばれる識別番号が個別に割り当てられています。
IPアドレスを利用することで、番号を持つコンピューターやサーバーを特定することができるため、インターネット上の住所と例えられています。
ドメインは、このIPアドレスを人間にも分かりやすい文字列に変換したものです。
IPアドレスは、ホームページのデータが設置されているサーバーにも割り当てられているため、サーバーのIPアドレスを変換したドメインを使用することでサーバー内のデータにアクセス(閲覧)することが可能になります。

ドメインはインターネット上の住所

サブドメインについて

サブドメインとは「design.megahon.jp」のように本ドメイン「megahon.jp」の前に任意の文字列を付けて作成したドメインのことです。
別事業のページを作成する場合など、一つのドメインで複数のサイトを運営したい場合に「サブドメイン」を使用します。

因みに「.jp」部分が「TLD(トップレベルドメイン)」と呼ばれていることからも、ドメインがTLDをトップとして「.(ピリオド)」で区切られた階層構造になっていることが分かります。
(例)「jp」の中の「megahon」の中の「design」

サブドメインを使用するメリットとしては、複数のドメインを取得しなくても良い費用の面と本ドメインが持っているユーザーからの信頼を継承できるブランディングの面があります。
サブドメインは、利用しているサーバーにより作成できないこともあるので確認が必要です。
また、作成できる数の制限や作成に費用が発生することもあるので、別ドメインの取得かサブドメインの利用かは運営方法を踏まえて検討する必要があります。

サブドメインのSEO効果

本ドメインとサブドメインで公開されているページは別サイト扱いとされるため、通常の下層ページのようなSEO効果は期待できないとされていますが、各サイト間をユーザーが回遊したり、相互リンクによる影響はあるとされています。
また、Googleの「SEOガイドライン」で重要視されている「E-A-T」の「Expertise(専門性)」の点から本ドメインとサブドメインのコンテンツが階層的な影響を受けないことの方が良いこともあります。

SEO対策について
※サブドメインのSEO効果については不確定な部分も多いため参考情報になります。

独自ドメインメール

ドメインとサーバーを準備することで、ドメイン名を含むオリジナルのメールアドレスを作成することができます。(例)contact@megahon.jp

ドメインを持っていない場合、Gmailなどフリーメールアドレスを事業用のメールアドレスとして使用している方は多いと思います。
フリーメールアドレスの使用が悪いわけではありませんが、独自ドメインメールは企業の信頼に繋がるとされているため、使用をオススメしています。

独自ドメインメールはパソコンやスマートフォンのメールソフトで送受信することが可能です。
※独自ドメインメールは、サーバーにより利用できない場合があります。

「ccTLD」と「gTLD」

ドメインの種類は大きく「ccTLD」と「gTLD」に分けられます。
共通して入っている「TLD」は前述した「トップレベルドメイン」の意味です。

「ccTLD」の「cc」は「contry code」の略語で国や地域に属したドメインを意味しています。
日本では「jp」の入っているドメインが主な「ccTLD」です。
jpドメインの取得には日本国内に住所があるなどの制限があります。
特に「.co.jp」ドメインは日本国内に登記のある企業で、1企業につき1つだけしか取得できない制限があります。

「gTLD」は「generic」の「g」で、国や地域に属していないドメインを意味しています。(「.com」や「.net」など)

ドメインパワーとは

ドメインには「ドメインパワー」と呼ばれる、ドメイン自体の現在の価値を数値で評価した値があります。

ドメインパワーは、運用期間やアクセス数、被リンク(別ドメインページからのリンク)の数などで変動しています。
高い評価を獲得することで、Googleのクロール頻度やSEOにも良い影響があります。

その為、高いドメインパワーのドメインが、中古ドメインとして高値で売買されることもあります。
シンプルで情報量の少ないページが検索結果に上位表示されている場合は「ドメインパワー」が高い可能性があります。

ドメインパワーチェックサイト ahrefs.com