BLOG

SEO対策とブログの投稿について

検索結果の上位表示を目的とした「SEO対策(検索エンジン最適化)」。

今回は「SEO対策」と検索結果の順位に影響があるとされる「ブログの投稿」について紹介したいと思います。

定期的にブログを投稿していても検索順位が変わらないといった方の参考になれば幸いです。

評価の基準となる「Google検索アルゴリズム」

当然のことと思われそうですが、検索結果に表示されるウェブページは、検索ワードに関連したページになります。

では、表示される順番はというと、検索者(ユーザー)が満足すると思われるページをGoogleが採点して決めています。

Googleは、ユーザーが満足し、継続して検索サービスを利用してもらうために、検索ワードに対する最適なページを上位表示させる採点基準の開発を続けています。

この、採点基準は「Google検索アルゴリズム」と呼ばれています。

また、Yahoo!の検索はGoogleの検索エンジンをベースに独自の調整を行なっています。

採点基準の変更「Googleコアアップデート」

「Google検索アルゴリズム」は、より最適なページを上位表示するために、定期的に調整が行われています。

特に大きな調整は「コアアップデート」と呼ばれ、「パンダアップデート」や「アウルアップデート」など、ユニークな名称で呼ばれているものもあります。

コアアップデートの中でも大きな変動があったものに、2015年の「モバイルフレンドリーアップデート」があります。

スマートフォンの普及により、採点基準がスマートフォンベースになり、小さな画面でも見やすいページが評価を獲得し、逆に未対応のサイトは大きく順位を落としました。

このモバイルフレンドリーから始まった、モバイルファースト(スマホでの見やすさを優先する)という考え方は、現在でも継続してSEOの重要なポイントとなっています。

スマホ対応について
レスポンシブWEBデザインについて

掲載内容以外でのSEOの影響

次に、ウェブサイトやブログの掲載情報以外でSEOに影響があるとされる要因を紹介したいと思います。

また、SEO対策に初めて取り組む方は、一度、Googleの公式ページでガイドラインを確認することをおすすめします。
Google検索セントラル

※ 非公開の採点基準もあるため、紹介した施策で確実に順位が上がるお約束はできません。予めご了承ください。

ドメインパワー

ドメインの強さを示す「ドメインパワー」もSEOに影響があるとされています。
ドメインについて

「ドメインパワー」が変わる要因は明確には公表されていませんが、ドメインの使用期間や使用サイトの質により、強さが変化するとされています。

ドメインに関連する値となる「DomainAuthority」や「DomainRating」の数値は「ahrefs」等のサービスで確認することができます。
ahrefs.com

被リンク

被リンクとは、ウェブサイトから自分のウェブサイトに向けられたリンクのことです。

多くの被リンクが集まるページは、信頼できるページとしてSEOに良い影響があるとされています。

そのため、過去には闇雲に被リンクを集めるSEO対策が行われたこともありました。

現在では、不自然な被リンクや質の低い被リンクは、逆に評価を下げることもあり、SEO対策を行う際は、被リンク元の品質チェックも必要となっています。

また、SNSや無料ブログの多くで、投稿の中にあるリンクは被リンクとして扱われない設定が入っています。

被リンクは、Googleの解析ツール「サーチコンソール」で確認することができます。

ユーザー

アクセスしたユーザーの属性や行動も、SEOに影響があるとされています。

  • ◯ はじめてのアクセス(ユニークユーザー)かリピーターか
  • ◯ ユーザーがどのようなサイトを多く閲覧しているか
  • ◯ ユーザーがアクセスしている地域
  • ◯ 流入経路や離脱ページや閲覧時間
  • ◯ 押したボタンやスクロールした距離

…などなど。
様々な情報が収集されています。

SEOとユーザー行動の関係は不確実な部分も多いのですが、アクセスが増えることで評価に繋がることは確かだと思います。

その為、検索から集客が難しい期間は、SNSや広告を使用してアクセス数を増やす施策も検討してみてください。

また、コーポレートサイトであれば、Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)への登録もアクセス数を増やすきっかけとなります。
MEO対策

コンテンツSEOについて

ここからは、サイトの掲載内容で行うSEO対策について紹介したいと思います。

ブログの投稿を使用したSEO対策は「コンテンツSEO」と呼ばれ、現在のSEO対策の主流となっています。

「コンテンツ」とは、文章のみではなく、文章や画像などの「詳細」に「タイトル」が付いたものをイメージしていてください。

コンテンツの品質で大切な「E-A-T」

ブログを投稿しても検索順位が上がらない方や、逆に下がった方は、Googleがコンテンツに求める「E-A-T」を意識してみてください。

「E-A-T」とは、「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字を取った言葉になります。

Expertise(専門性)

サイト全体やページ単体のコンテンツカテゴリーにバラつきがなく、統一感があることが求められます。

例えば、ホームページ作成に関するウェブサイトのブログで、スポーツや映画に関する投稿を行うと、サイト全体の「ホームページ作成」に関する割合が薄まるイメージです。

また、「ホームページ作成」と同カテゴリーにある「SEO対策」や「ウェブデザイン」のコンテンツであっても、同じページに掲載せず、別のページに分けることで、ページ単体で見た時に専門性が高くなります。

Authoritativeness(権威性)

県や市などの行政のホームページや有名企業のホームページは、コンテンツの量が少なくても、県名や企業名で検索すると一番上に表示されます。

このような、安全で信頼できる公式ホームページが権威性の高いホームページとして評価されます。

ホームページの権威性には、質の高い被リンクや様々なユーザーの利用が影響するとされています。

Trustworthiness(信頼性)

掲載情報の正確性や、似たページがないか等、コンテンツ自体の品質に加え、ページの更新頻度やプライバシーポリシーページの有無、SSL化などのセキュリティも含めたサイトの信頼性が求められます。

「似たページ = 重複コンテンツ」は、競合ページ意外に自分のサイト内も対象となります。

その為、過去に作成したページと同カテゴリーのページの作成を検討している場合は、新規ページでの対応意外に、過去に作成したページへの情報追加や修正も検討してみてください。

「noindex」や「nofollow」の活用

「E-A-T」という考え方が、コンテンツSEOに必要なことは間違いありません。

しかし、専門性を薄めるとされる、会社の日記やスタッフを紹介したブログは、人が読んだときに親近感を感じてもらえ、事業として成果に繋がる可能性があります。

また、年末年始などの営業日のお知らせは、前年をコピーした内容にせざるを得ません。

そのような「E-A-T」には反するページをGoogleに評価しないよう設定する対策に、HTMLの「noindex」や「nofollow」の設定があります。

「noindex」や「nofollow」が設定できないブログサービスもあるので、コンテンツSEOを行う方は、設定機能が付いているブログサービスの利用をおすすめします。

「noindex / nofollow」設定ができる 「WordPress」

SEOチェックポイント

  • 1. 自社サイトの中に類似ページが無いかチェック
  • 2. サイトやページのコンテンツがバラバラになっていないかチェック
  • 3.サイト自体の評価は問題ないかチェック(Google Lighthouse)
  • 4. 被リンクを貼ってくれるHPがないかチェック

SEO対策されたコンテンツの作り方

ここからは、実際に行なっているコンテンツ作成の手順を紹介したいと思います。

コンテンツSEOのセオリーとして、検索数の多いコンテンツを掲載するというものがあるため、今回は例として「ホームページ 作成」という検索ワードを使用しています。

また、敢えて「検索数の少ない = ライバルの少ない」検索ワードで上位表示を狙うプランを立てることもあります。

キーワードの調査

最初に、どのような検索ワードで表示されたいか検討しメインワードとします。

メインワードは、見込み客が使用する言葉か、同業他社が使用する言葉かなど、検索者をイメージして設定してください。

次に「サジェスト」と呼ばれる、メインワードの関連語句を調査します。

サジェストとは、メインワードの後にスペースを入れて入力する検索ワードで、検索結果を絞り込む際に使用します。

例えば「ホームページ作成」の場合、「ホームページ作成 方法」や「ホームページ作成 料金」の「方法」や「料金」がサジェストとなります。

メインワードやサジェストの種類や検索数は、キーワードプランナーやGoogleトレンド、ラッコキーワード、競合サイトを使用して調査します。

「キーワードプランナー」で調査

  • 1. Googleにログイン
  • 2. キーワードプランナーを開く
  • 3. 「新しいキーワードを見つける」を選択
  • 4. 調査したいキーワードを入力
  • 5. 「結果を表示」を選択

「ラッコキーワード」+「キーワードプランナー」で調査

  • 1. ラッコキーワードでキーワードを検索
  • 2. 表示された一覧の右上にある「全キーワードコピー」を選択
  • 3. Googleにログイン
  • 4. キーワードプランナーを開く
  • 5. 「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選択
  • 6. ラッコキーワードでコピーしたキーワードをペースト
  • 7. 「開始する」を選択

「競合サイト」+「キーワードプランナー」で調査

  • 1. メインワード検索で上位表示されているページのURLをコピー
  • 2. Googleにログイン
  • 3. キーワードプランナーを開く
  • 4. 「新しいキーワードを見つける」を選択
  • 5. 「ウェブサイトから開始」を選択
  • 6. コピーしたURLをペースト
  • 7. 「結果を表示」を選択

「競合サイト」を使用した調査手順は、作成したブログに目的のキーワードが含まれているか確認する際にも使用できます。

その場合、「6. コピーしたURLをペースト」で「このページのみ使用」にチェックを入れてください。

「Googleトレンド」で調査

「Googleトレンド」には、複数のキーワードの検索数を比較できる機能があります。

例えば「ホームページ 作成」のサイトで「SEO」か「WEBデザイン」のコンテンツを作成予定の際に、「Googleトレンド」で比較し、検索数の多い方を優先して作成するような使い方ができます。

また、「ホームページ作成」と「ホームページ制作」のように、ほぼ同義の言い回しが違う言葉を比較し、検索数の多い方を統一して使用するなどの使い方もしています。

構成を考える

調査したキーワードと検索数を参考に、コンテンツの構成を考えます。

SEO サジェスト

例では「無料」というコンテンツを作成しないコメントを入れていますが、嘘がない範囲で「無料」を意味するキーワードを使用することで、成果に繋がる可能性もあります。

ツールを使用すれば、誰にでも同じ情報が取得できるキーワード調査とは違い、調査したキーワードの使用方法は「コンテンツSEO」の結果に大きく影響します。

見出しでコンテンツを階層化する

ウェブサイトを構成する「HTML」の見出しには、「h1」から「h6」までの種類があります。

「h1」がページの中で最も主要な見出しとなり、次に「h2」、その次に「h3」と、見出しでページ内のコンテンツの重要度を順位付けしています。

この、見出しの序列を使用し、コンテンツを階層化することで、よりSEOに最適化されたページとなります。

HTMLとCSSについて

コンテンツの階層化

公開後のアクセス解析

公開したページが検索結果に表示される前に、Googleに「インデックス」してもらう必要があります。

インデックスとは、ページを認識してもらいGoogleのデータベースに登録されることです。

インデックスされた後に、ページの評価が行われ、検索ワード毎の順位が付きはじめます。

インデックス状況や、その後のアクセス解析は、Googleの「サーチコンソール」や「アナリティクス」を使用して行います。

アクセス解析について

インデックスまではされているけれど、検索順位が付かないときは、公開して間もないか、ページの品質に問題がある場合があります。

また、インデックス自体がされない場合も、ページの品質(類似ページ扱い等)が原因であることが多いのですが、誤って「noindex」設定がされている場合もあるので、気になる場合は「noindex」を確認するウェブサービスでチェックしてみてください。

「サーチコンソール」を使用しないインデックスの確認方法として、Google検索で「site:https://megahon.jp/homepahe/」のように、調べたいURLの前に「site:」を付けて検索する方法があります。

この方法で、検索結果に目的のページが表示されればインデックスされています。