web coding

WEBコーディング

WEBコーディングとは

WEBコーディングとは、出来上がったWEBデザインをもとに、パソコンやスマートフォンのブラウザで閲覧できるデータを制作する作業になります。
コーディングの方法によって、ユーザーの離脱原因にもなる表示速度やSEOにも影響が及ぶので、日々のスキルアップが欠かせない工程になります。

コーディングとプログラミングの違い

「html」や「css」で、ホームページの見える部分の構築を「コーディング」、「JavaScript」や「PHP」など、画面に表示されない処理の構築を「プログラミング」と呼びます。プログラミング言語で処理したデータは「html」に生成して画面に表示することができます。

初心者の方におすすめは無料エディタ

これからコーディングの勉強をはじめる初心者の方には、有料のテキストエディタよりも、「Visual Studio Code」など、無料で拡張性も高いテキストエディタの使用を提案しています。

はじめての方は模写練習から

「Google Chrome」や「Safari」「Microsoft Edge」など、ホームページを閲覧するためのPC用ブラウザには、開発者用の機能が搭載されています。開発機能を利用することで「html」や「css」を閲覧することもできるので、コーディングのスキルアップに、気になるサイトの「html」や「css」の模写練習はおすすめです。

html・css について

ホームページは、「html」というマークアップ言語と、「css」というスタイルシート言語の2つの言語によって表示されています。
htmlは、テキストに「見出し」や「リンク」などの役割を設定することができます。cssは、レイアウトや色など、主にデザインの設定を行う際に使用します。htmlで付与した役割をcssで「見出し」らしく「リンク」らしく装飾することで、ホームページの部品が完成します。

JavaScript(jQuery) について

JavaScript(jQuery)は、ホームページに動的表現を用いる際に主に利用されるプログラミング言語です。
動的表現とは、ユーザーの行動(クリックやスクロール等)や時間の経過によって、表示されている内容やレイアウトが変わる表現のことを呼び、よりユーザーの印象に残りやすいホームページに仕上げることができます。