recruitment

採用サイト

採用サイトとは

採用サイトとは、求人に特化したWEBサイトやWEBページのことになります。
近年では、インターネットで求人情報を探す求職者が多いため「採用サイト」を作成する企業が増えてきています。
特に、生まれた時からインターネットが身近にある「デジタルネイティブ」世代は、インターネットを使用した就職活動が盛んなため、新卒採用を実施する際に「採用サイト」は有効的とされています。

採用サイトの作り方・デザイン

多くの求職者は「応募要項」の確認を目的に採用サイトを訪問するため、情報が伝わりやすいデザインで作る必要があります。
また、業種によっては、新卒と転職の求職者で知りたい情報が違うこともあるので、様々な状況の求職者が求めている情報のリサーチも大切です。
状況によっては、求職者の属性ごとに採用サイトを制作することがあります。
採用サイトのデザインは、デザインギャラリーサイトや、Pinterest(ピンタレスト)で検索すると、参考になるおしゃれなデザインの採用サイトを見つけることができます。

「Googleしごと検索(Google for Jobs)」への掲載

「Googleしごと検索(Google for Jobs)」とは、Googleの求人掲載サービスです。
Google検索で「◯◯◯ 求人」など、求人募集に関する検索を行なったユーザーの検索結果に求人情報を表示させることができます。
掲載されている情報は、Googleが採用ページの情報(構造化データ)を自動で取得して表示しているため、「Googleしごと検索(Google for Jobs)」用に「応募要項」を入力する必要はありません。

WordPressプラグイン「WP Job Manager」

採用ページの構造化データの作成には専門的な知識が必要なため、「WordPress」サイトの場合はプラグインを使用します。
「WP Job Manager」は求人ページを作成するプラグインです。
「WP Job Manager」で作成した求人ページには「Googleしごと検索(Google for Jobs)」の掲載に必要な構造化データが自動で含まれます。

採用サイトの掲載情報

採用サイトでは、業務内容や条件など一般的な応募要項に加え、インタビュー記事や動画など独自コンテンツを掲載する傾向があります。
独自コンテンツで社風や取り組みを伝え、他社との差別化を図ることで、より企業理念にマッチした人材からの応募が期待できます。
その他に「よくあるご質問」など、求職者の不安を解消し、応募のハードルを下げるコンテンツの掲載もオススメです。