meo

MEO対策

MEO対策とは

MEO対策は、Googleマップ上からユーザーを獲得するための施策です。
MEO対策では、後述する「Google ビジネスプロフィール(マイビジネス)」への登録と登録情報を充実させる定期的な更新作業が必要になります。

ビジネスプロフィール(マイビジネス)に登録することで、Googleマップ上に店名や企業名が表示されるようになります。
さらに、マップ上の店名や企業名をクリック(タップ)することで、登録した詳細情報をユーザーに提供します。
ユーザーの興味や疑問に応えられる情報を登録しておくことで、ユーザーの獲得に繋がりやすくなります。

また、ユーザーがGoogleを利用して検索を行った際「検索ワード + ユーザーの位置」や「検索ワード + 検索ワードに含まれる地域名」が、ビジネスプロフィールの登録情報と関連している場合、検索結果の所定の位置に情報が表示され、店名や企業名を知らないユーザーとの接点(タッチポイント)にもなります。

「MEO対策」言葉の意味

MEO対策の「MEO」は「Map Engine Optimization」の頭文字をとった言葉です。直訳すると「地図エンジンの最適化」になります。
先述したように、Googleマップ上で提供可能な情報を最適化させる意味があります。

MEO対策のやり方

Googleマップ上に店名や企業名を表示させるためには

1.Googleアカウントを取得(可能であれば企業用に新規取得)
2.ビジネスプロフィールを登録
3.オーナー確認

を行う必要があります。

登録情報は運用中でも編集が可能ですが、初期段階で充実した情報があることでユーザーの取りこぼしを防止することができます。

Google ビジネスプロフィール(マイビジネス)とは

2021年に「マイビジネス」から「ビジネスプロフィール」に名称が変更になったGoogleのサービスになります。
お店や企業のプロフィール(住所や電話番号、写真、WEBサイト情報など)を登録することで、Googleマップ上や検索結果に登録情報を表示させることができます。
近年では、サービスのアップデートにより、クーポンの作成や口コミの獲得も出来るようになっています。

メリット・デメリット

MEO対策を行うメリットのひとつは、近隣の見込み客との接点が増えることです。公式サイトが検索結果の上位に表示されず、ホームページで情報を届けることが難しい場合でも、ビジネスプロフィールを通して近隣のユーザーに情報を提供することができます。

デメリットは、ビジネス プロフィールのコメント機能にネガティブな意見を書かれる可能性があることです。一度、書かれたコメントは企業側では削除できないため、間違いのないクレームや意見が届いた際には、返信コメントを行うなどの対応が必要になります。

SEO対策との違い

MEO対策が「Googleマップ」や「検索ワードとローカル情報」を通してユーザーの獲得を目的とした施策であるのに対して、SEO対策は、Googleなどの検索結果からホームページへの流入を増やす事を目的とした施策になります。
SEO対策では他サイトとの競争になるため、成果を出すハードルが高いことに比べ、MEO対策は、ローカル要素が重視されるため、ユーザーの検索ワードと地域性が、MEO対策で設定した情報とマッチした場合、成果に繋がる可能性が高くなります。